目的

組織の目標、どんなニーズに応えられる商品かなど社会的存在意義を提示する

  • プロフィール
  • 略歴

そのために何をどのようどの程度にするか

何をするか 

  • 行動基準
  • ルール
  • 業務一覧
  • フロー図
  • マニュアル

達成度合い 

  • チェックリスト
  • 評価表

説明責任・検証

(根拠と成果を分析・考察し、書き物に反映させる)

[check]現状にあった適切なものほど、ムリ・ムダが減りムラがなくなります。